FC2ブログ

舐め犬のクンニ奉仕☆ほんのりスピリチュアルな飼い主のタントラSEX*ヨニマッサージ

女性向け風俗“性感マッサージ”舐め犬を安全に利用するための情報を共有して私たち女性が心から美しく生きるための性活を提案しています

☆舐め犬を使う女の女子向けブログ☆

舐め好き・クンニ性感を利用したい人向けQ&A
舐め犬・クンニ性感マッサージを利用する前の注意点
タントラマッサージ・ヨニマッサージって?

【舐め犬日記】ご主人様との東北旅行でクンニご奉仕


皆様、いかがお過ごしでしょうか。紗世様の舐め犬下僕・国匡です。

5月某日、 ご主人様のご旅行に舐め犬「下僕 兼 従者」としてご同行が許されました。また更に「舐め犬の下僕くんだから…」ということで旅費は紗世様が持って下さるという、身分も下僕でございます (^_^;)

「旅費くらい下僕に出させてください」と申し出ましたが「下僕くんは荷物持ちだから…」との理由からご主人様がご負担下さったということもあり、完全な荷物持ちの従者という扱いでございますね。

東北地方へは新幹線を利用しました。下僕は東北新幹線に乗ったのは初めてでしたので東京駅では、ご主人様が先を歩き、下僕はキャリーバッグを牽きながら付いてゆくのだけでも大変です。紗世様は、人と人のあいだをすり抜けながら移動されます。さすが紗世様、人混みを歩くのに慣れております。荷物持ちの下僕は人混みに挟まれて遅れをとってしまう、そのような状態でした。

新幹線に乗るとあっという間に目的地に到着。午後5時過ぎに着いたので観光はせずに夕食はターミナル駅からひと駅の場所にあるオシャレ飲み屋系のお店で名物鍋料理を頂きました。

舐め犬の下僕を連れた東北地方〈旅の記憶〉


ご主人様・紗世様のTwitterでのツイートをまとめたもの

予告どおりたっぷりとマッサージとク◯ニするため深〜くイって戻ってくるのに時間がかかる。なのでセックスは無しでも私はいいくらい。
挿入はスローセックスから始めるのだけれど、イってぐったりした身体にも痺れるような快感の波がひろがるのが、スローセックスのいいところ。

スローセックスから始めて盛り上がってくると激しくなる。カラダも刺激を求めるから激しいセックスになり快感を求めて私も身を寄せたりよじったり。「身体動いてるよ、エッチだね」などと気分をそぐような事を言わないのでM男はいい。言葉責めはないとつまらないし言い方もあるし難しいね。

昼間なので観光バージョン(笑)東北地方は雨予報が外れて朝から青空が。目的の山一帯にある寺社を散策したら雨上がりの木立がいいにおい(#^^#) マイナスイオンたっぷりのウルウルの空気で気持ちいいこと!たまには自然からパワーをチャージするのいいですよね。午後からは海へ向かいました。

海辺の町は風が強め。肌寒いので上着を羽織る感じ。薄着にハイヒールでキャーキャー言ってる女子たちに下僕が見とれてる( ̄  ̄) 「寒そうだったね」というと「若いから全然平気なんだよ」って。この会話どう思います?笑 ┐(-。ー;)┌ おっきな生牡蠣と黒ビールで気を取り直しましたとさ。

下僕くんは、誤解だ!誤解だ!ってアニマル浜口さんみたいに言うけど、それ寒がってる私に言う?見たかったら見ればいいし、美形好きなのは自他共に認めてるんだから堪能しなよって思う。まぁ海辺の町に置いてこようかと思いましたが、ターミナル駅まで連れてきましたけど。足湯がわりだからね。

ホテルの部屋でるるぶを見ながら夕食のお店の作戦会議。30分くらいあーでもないこーでもないやって近場のお店に決定。土地の名物、美味しかった〜飲み屋ではないのでホテルに戻って夕べ買っておいたワインを飲む。すぐに足元へ行って足を揉みはじめる下僕くん。ヨシ!

浴槽にお湯を張って入浴した後は、酔ってよく覚えてないけど、下僕にあるまじき行為があった記憶が。バックの時にお尻を褒めながら撫で回したり正常位で舐める時に脚を頭の方まで上げたり。

抵抗できない快感の中にいる時にこんな事して「下僕が何やってる!」と思うけど、女のどこかの部分が喜んでるから私はSオンリーではなくて、彼もMオンリーではない。そうだ、寝バックの時に野獣みたいに覆いかぶさって抱きしめられて荒々しく奥まで突かれた記憶が蘇った!って今?w

【舐め犬日記】ご主人様への一途な片思いクンニご奉仕



みなさま、5月の連休いかがお過ごしでしたでしょうか。

飼い主・紗世様のお慈悲を頂き舐め犬下僕に留めおかれる幸せ者の国匡(くにまさ)です。

下僕は、 ご主人様からお呼び出しがない日々を3週間近く過ごしておりました。5月の連休中、紗世様は避暑地へのご観光やご友人方との交友などイベント目白押しのリア充生活を送られておられたようで、ご主人様がいきいきされているお姿は下僕にとっての幸せでもございました。

そんな連休半ば、紗世様から小田急小田原線沿い(神奈川県内の)ある駅周辺を散歩してみたいとのお話をうかがい、下僕は小田急沿線には少しだけ地の利がございましたので荷物持ちなども兼ねてご同行させて頂きたいと希望を出しましたところ、その日一日の過ごし方を任せて下さりました。

当日は天気もよく散歩日和。駅前改札口で落ち合い、その駅周辺にある目的のお店やスポットを昼食を取ってからぶらぶらと2時間ほどかけて散策いたしました。

下僕が探した外国人が経営しているお店は残念なことに祝日関係なく平常通りに休業していてガックリでしたが、その代わりとなるお店を見つけて事なきを得ました。

ご主人様は何でもないような場所をお一人で散策されることはお好きではございませんので下僕が従者代わりにもなり荷物持ちとして毎回同行させて頂きたいと改めて思うのでした。

【舐め犬日記】舐め犬下僕として2日間のクンニ奉仕



舐め犬“彼氏”から舐め犬“下僕”へ降格した国匡(くにまさ)です。

こちらのブログは飼い主でご主人様であられる紗世様の所有物です。舐め犬下僕の日記は公開前にご主人様にチェックをして頂き、許可がでたものを公開しております。

前回からの続きを…


おやすみモード・クンニ奉仕でご主人であられる紗世様が寝息をおたてになりおやすみになられ始めましたが、ほぼ裸の状態でした。このままの状態で朝までおやすみになられてはいけないと思い、しばらくクンニを続け、程よくときがたった頃にクンニを止めて熟睡される体勢になって頂くことにいたしました。

15分ほどたった頃でしょうか。目を覚まされたお嬢様。オイルマッサージの時に羽織っていた薄手のガウンを取り替えて今度こそご就寝になられます。

下僕は寝ないでご奉仕するつもりでおりましたが、飼い主様がおやすみになられている間はソファで仮眠を取ることを考えていると「ベッドは広いし、寝かせてあげます。今夜は頑張ってくれてたし隣で寝ていいわよ」とお優しい紗世様のお言葉が! (T_T)

心の中で「一生、紗世様の道具として身も心も捧げます!」と叫びながら就寝しました。

舐め犬“彼氏”から単なる舐め犬“下僕”へ



紗世さん(元彼女)から“お別れ”を言い渡されても簡単に諦め切れない僕は、彼女の身の回りの(性的シモのお世話も含め)お世話をさせて頂きたいという懇願をしました。

彼女は歳を重ねて美しさが増す容姿で清楚で品があり「まさか、こんな上品な女性が舐め犬を飼っているなんて!」と誰もが思うような人。
有名人でいえば鈴木杏樹さんと相沢紗世さんを足して割ったような雰囲気を醸す大人の女性。

“野良”舐め犬をしていたような汚れ穢れた男の僕と釣り合いが取れるわけがなかったんです。
※野良舐め犬とは“舐め犬ブログ・SNS”を通じて何十人何百人もの不特定多数の女性から利用される性病やウィルスを持っている危険性が高い不衛生なクンニ好き男のこと。

彼女にならどんなに蔑まされても良いと思えるし、捨てられたくない思いしかなかったので願いが受け入れてもらい、“ただの”舐め犬に身分を落としたとしても幸せな気持ちでした。
※以後、元カノ紗世さんの事は「飼い主様、ご主人様」又は「紗世様、お嬢様」と書かせて頂きます。また僕のことを「下僕」と書きます。

恋人ではなくなった下僕に舐め犬としての役割を“情け”をかけて与えて心配して下僕やペットと愛してくれるのは、この世界で紗世様以外いないと確信しています。